シミトリー 使い方

シミトリーの使い方で効果が変わる

シミトリー 口コミ

 

シミトリーの使い方は簡単で、気になる部分に塗るだけです。
ただ、塗るだけでも効果は実感できるのですが、正しい使い方、少し工夫をするだけで効果を高めることができるので、ぜひ試してみてください。

シミトリーの基本的な使い方

1.洗顔などで、肌の汚れをきれいに落とす
2.シミトリーを適量にとり、顔全体に塗ります

 

1.洗顔などで、肌の汚れをきれいに落とす

 

 

やさしく汚れを落とします。
石鹸を泡立てて、泡の弾力だけで汚れを落とすように、顔に刺激を与えないように洗います。

 

いないとは思いますが、男性のように間違っても、ゴシゴシ洗わないでください。
顔を拭く時も、タオルの水分を吸わせるように擦らないように水分をとります。

 

些細なことですが、1回1回の刺激の積み重ねがが、シミの原因となるメラニンの生成を促してしまいます。
その結果、シミが増えてしまいます。

 

 

2.シミトリーを適量にとり、顔全体に塗ります

 

適量の目安はだいたい、プチトマト1個分くらいが適量です。
(個人差があるので、乾燥肌や冬場、乾燥した日などは多めにとるとよいでしょう)

 

シミトリーを取る時は、付属のヘラを使ってとるようにしましょう。
シミトリーは無添加なので、指でとると雑菌が入ってしまうので注意が必要です。

 

後は、シミトリーを温めて、顔全体に塗り、軽く押さえながら浸透させます。

シミトリーの効果的な使い方

私はできるだけ効果を実感したかったので、シミトリーを塗るタイミングや、他の化粧品との併用など、実際に使ってみて効果が実感できた方法を紹介します。

 

1番効果が実感できたのは

シミトリー 口コミお風呂上り(お風呂で洗顔します)

 

シミトリー 口コミ化粧水を塗ります

 

シミトリー 口コミシミトリーを塗ります

 

乾燥している日などは、さらに、1時間後に
シミトリー 口コミシミトリーを塗りました

シミトリーの使い方のポイント

 

シミトリーを使用し続けると効果が実感できると思います。

 

シミは紫外線などの外的な刺激などで、シミの原因となるメラニンが肌の奥へ発生します。

 

シミトリーを使い、シミが薄くなったからといって、使用をやめてしまうと、肌の状態が元の悪い状態へ戻ってしまい、ターンオーバーの周期も乱れてしまいます。

 

そうすると、隠れていたシミが、また出てくるのです。効果が実感できたなら、継続して続けることがいいでしょう。
逆に、6ヶ月以上使っても効果を実感できないようであれば、継続するのはおススメできません。