シミ 原因

シミの原因は?

 

シミは、表皮の中でできます。表皮の厚さは0.1mm〜0.3mmほどの厚さです。

 

紫外線や、外的な刺激によってメラニンが生成され、代謝されずに蓄積されるためシミができるのです。


 

シミ発生のメカニズム

 

シミの原因を調べてみた。シミはなぜできるの?

肌は、紫外線を浴びるとメラノサイト(色素形成細胞)に信号が送られます。
その時にメラニン色素が生成されるのです。この生成されたメラニンがシミの原因なのです。
このメラニンが表皮細胞にとどまり紫外線から肌細胞を守ります。
このメラニンが生成され肌細胞にとどまるのは、紫外線から肌細胞を守るための体の仕組みなのです。

 

 

ターンオーバーでメラニン排出

 

表皮細胞は表皮の基底層(一番下)から、約28日(4週間)かけて、肌表面に押し出され角質となって剥がれ落ちるという周期を繰り返し、肌をリフレッシュしています。これがターンーバーといわれるものです。
このターンオーバーが正常に行われている場合は、メラニン色素は約28日で角質として剥がれ落ちるのです。

 

しかし、何らかの原因でターンオーバーのサイクルが乱れたり、メラニン生成がターンオーバーの周期のペースを上回ってしまうと、肌にメラニンが残ってしまいます。
これが、シミになるのです。

 

メラニン代謝が悪くなる要因は?

 

 

シミトリー紫外線

 

紫外線は大敵です。紫外線は、細胞を破壊し、肌のハリがなくなり肌年齢が衰えます。

 

肌年齢が衰えると、ターンオーバーが遅れます。

 

ターンオーバーの周期が遅くなると、メラニン排出するペースが遅くなり、シミの原因になります。

 

シミトリー加齢

 

加齢は肌年齢を衰えさせ、新陳代謝も衰えさせます。
その結果、ターンオーバーの周期も遅れ、メラニンの排出も遅くなり、シミの原因になります。

 

シミトリー睡眠不足

 

 

 

メラニン代謝を良くしシミをなくすには?

 

肌を元気に、ターンオーバーの周期を遅らせることなくすることと、メラニン代謝が悪くなる要因を減らすことです。

 

そのためには、

 

 

シミトリースキンケアで肌状態を良くする

 

シミトリー紫外線対策をする

 

シミトリー肌への外的刺激を減らす

 

つまり、

 

スキンケアで肌状態を良くして、ターンオーバーの周期を正常化し、ターンオーバーの周期を上回らないようにメラニン生成を抑えるということですね!